ファッション

高リピート率!評判のFABRIC TOKYOのオーダーシャツを実際に注文して試してみた

FabricTokyoのオーダーシャツ

昔と比較して最近はIT企業を中心に仕事の際の服装はラフでもOKな会社も増えてきてるとは思います。

かくいう私もIT企業に勤務して客先訪問時は通常のスーツですが、社内勤務の際は社会人としての常識の範囲内でほぼ自由です。

自由とはいっても結局はビジネスカジュアルとなりますのでカジュアル目のシャツにチノパン/デニム、ジャケットが多いです。

体型にあっていないヨレヨレのシャツを着てる人を見ると残念な気持ちになるので、サイズ感と清潔感には気をつけているつもりです。

そんな私が先日オーダーシャツを新調し先日出来上がったシャツが自宅に郵送されてきましたのでレビュー記事を書きます。

コスパを重要視するアナタにはこちらの記事もおすすめです。

>> KEI オーダーシャツレビュー |低価格・高品質なオーダーシャツ

ちなみにオーダーシャツといってもデパートとか高級店のオーダーではないです。比較的リーズナブルで簡単な採寸でオーダーできるシャツとなります。

今まで経験したオーダーシャツの失敗

これまでにいくつかのお店orネットでオーダーシャツを作ってきた私が経験した失敗談をいくつかあげてみます。

店舗で実際に生地を見て、採寸しての簡易オーダーと、ネットのみでオーダーできる場合があります。店舗来店の場合は失敗することは少ないと思いますが、ネットのみの場合は注意が必要です。

  • 自分で採寸する場合は細心の注意が必要

採寸方法は細かくネット上に記載されてたので「大丈夫」だろうと思ってたのですが、完成品の手首周りがきつくてボタンを留めるのがギリギリの状態でした。

  • 生地感がイメージと違う

着ごこちに大きく関わることなので生地は重要ですが、ネットだと自分の思ってたイメージと違うことがあるのでご注意ください。

  • 仕上げの品質が甘い

ボタン付けの仕上げが甘くて糸がすぐにほつれてきたりします。ネットのオーダーシャツは多分海外の人件費の安い工場で大量生産してると思うので日本品質を求めると厳しいかもしれません。

「FABRIC TOKYO」でシャツを頼んでみた

今回、初めてオーダーシャツを頼んだのは都内を中心に店舗展開されている「FABRIC TOKYO」になります。

【店舗】都内:7店舗 神奈川:1店舗 

表参道・渋谷・新宿・銀座・吉祥寺・秋葉原・日本橋・横浜

上記となりますので、遠方にお住まいで店舗に来店できないかたはゴメンナサイの記事になります。

「FABRIC TOKYO」の特徴
  1. 店舗来店にて採寸し、採寸後はネットで簡単オーダー
  2. シャツ生地・価格帯種類が豊富(7,800円~12,900円)
  3. 細かいオプション指定ができる(無料・有料あり)
  4. サンプル生地を無料で自宅に郵送してもらえる
  5. オーダースーツ・ジャケット・スラックス・チノパン・デニム etc幅広いオーダー対応

シャツができあがりました

今回は、1月5日にスマホからオーダーして本日2月1日に到着しました。

ネットから納期状況を確認できるのですが、3日前くらいに確認した時は2月24日となっていたのに3週間も短縮で届きました。(全く参考にならない・・・)

こんな感じで箱に入って届きます。

今回は3着オーダーしました。

1着目はこちらです。

国産のフィンクスコットン140双ホワイトブロードシャツ

12,900円

ラインアップ上で一番高い12,900円の生地で購入しました。

真っ白なシャツは生地が悪いとおじさんの様な感じになるのが嫌いなのでこちらの生地にしてみました。

感想は非常に肌ざわりがよくて適度に光沢もあり良い生地です。

襟は、ホリゾンタル。カフスは、大丸。

2着目はこちらです。

国産のしなやかコットンロイヤルオックスフォードシャツ

9,800円

さわやかなサックスブルーのシンプルシャツです。

サックスブルーが好きなので同じような色ばかり増えてしまいますが、何着あってもOKです。

襟は、ホリゾンタル。カフスは、大丸。

3着目はこちらです。

国産のしなやかコットンネイビーギンガムチェックシャツ

9,800円

今日はカジュアルにしようという日はギンガムチェックをよく来ています。

生地もしっかりしており着ていて気持ちいいです。

色違いでもう1着持ってますが、襟がボタンダウンなので今回はホリゾンタルにしてみました。

襟はホリゾンタルとボタンダウンばかりです。

「TOKYO FABRIC」オーダーシャツ購入方法

購入からシャツ到着までの流れ

  1. 店舗にて採寸(採寸時間:10分~15分程度)
  2. ネットでオーダー(ネットさえ繋がればどこでもOK)
  3. 自宅に郵送(オーダー後約1か月

店舗にて採寸

ネット上に会員登録を実施します。その後店舗にて店員さんに採寸をしてもらいます。希望のサイズ感も質問されるので自分の好みに合わせた採寸をしてもらえるのがオーダーならではです。

Facebookに登録しておくと会員登録が楽です。

ネットでオーダー

採寸後、自分のサイズを登録してもらえるのであとは自分の好みの生地を選んでオーダーするだけです。オーダーはHP上から簡単にできるので自宅でもできるのですが、僕の場合は初回だったので店舗でオーダーしました。オーダーの際に襟の形・ボタンの種類・カフスタイプ等を好みで選べます。(一部有料あり)

【選択項目】

  • 襟の形状 ➡以下の9種類からお好みの形状を選択します。(一部有料)
  • ポケット有り無し ➡ 前ポケットの有り無しを選べます。
  • カフス形状 ➡ 以下の6種類からお好みの形状を選択します。
  • ネーム刺繍 ➡ 左のカフスにネーム刺繍が有料+1,000円でできます。
  • 前立て形状 ➡ 以下の3種類からお好みの形状を選択します。
  • クレリックの選択 ➡ 白シャツ以外は襟部分のみ白にできます。(+2,000円)
  • 貝ボタン(+1,000円)
  • キーパー着脱式 ➡ 襟のキーパーを着脱式にできます。(+1,000円)
  • アジャスタブルカフス ➡ 手首周りのサイズを調整できます。(+500円)
  • 時計用カフス ➡ 時計をする側の手首周りを広くできます。(無料)
  • 第2ボタン下げ指定 ➡ 第二ボタンの位置を下げる(+500円)

上記項目を選択後にネットでオーダーします。

自宅に郵送

生地の在庫状況によりますが、私の場合は在庫ありの状態で25日で届きました。ネットで出荷状況を確認することもできます。オーダー時の出荷予定よりも1週間程度短縮されてました。

「FABRIC TOKYO」のおすすめポイント

実際に利用してみて感じた生地や縫製がいいということ以外でのおススメポイントは以下のとおりです。

  1. 一度の採寸で以後は簡単オーダー
  2. 無料の生地カードでネット購入も安心
  3. 購入後2か月までは無料でサイズ変更可能

簡単オーダー

生地やオプションが決定していれば数分でオーダー完了です。

無料生地カード

生地感についてはネット上の写真では判断できないのでオーダーの際に不安ですが、生地カードを10種類まで無料で郵送してもらえるので安心です。

商品お届け後、2か月まではサイズ変更可能

ちょっとしたサイズ変更以外にも、店員さんにお聞きしたところ全交換も大丈夫みたいです。ただし、同料金のものに限るそうですが。でもさすがに全交換は気がひけるので注文の際には自分の好みのものかどうかをよく確認したうえで注文したいですね。

 口コミ・評判

FABRIC TOKYOで実際にオーダーシャツを作った方の口コミ・評判をTwitterで検索してみましたのでいくつか抜粋します。

 

 

タマオ
タマオ
FABRIC TOKYOの回し者ではないですが、Twitterの口コミでは高評価のものばかりでした
タマコ
タマコ
シャツはサイズ感が大事だね

まとめ

私自身は仕事の際に着用する衣服はサイズ感と清潔感が重要だと考えてます。高級なものでも手入れがダメでは台無しですもんね。

「FABRIC TOKYO」のシャツは、比較的手ごろな値段で品質も高いので複数枚購入して使いまわせば長期間にわたって着用できると思います。

今度はオーダースーツも試してみたいと思いますので、その際にはまたレビューさせていただきます。

コスパを重要視するアナタにはこちらの記事もおすすめです。

>> KEI オーダーシャツレビュー |低価格・高品質なオーダーシャツ