副業

違いは何?Uber Eats新料金体系は何が変わったのかを詳しく解説

UberEatsの新料金体系 (1)
タマオ
タマオ
Uber Eats配達パートナーの新料金体系について解説します

2021年5月10日からUber Eatsの配達パートナーの料金体系が大幅に変更になりました。
SNSではメリット・デメリットいろいろな意見が飛び交っています。

本記事では、旧料金体系と比較して何が変わったのかを分かりやすく解説します。

 

こんな感じで配達しています

乗り物:自転車

場所:東京23区内(郊外)

時間:平日の夜(2時間くらい)・土日の昼夜(6時間くらい)

新料金体系は何が変わったの?

旧料金と新料金の違いについてさらっと説明します。

旧料金体系のポイント

旧料金のポイント

  1. 配達距離により変動
  2. ピック先・ドロップ先が事前に分からない
  3. 配達料金(見積)が事前に分からない

旧料金体系

旧料金は以下の3つの料金の合計金額が報酬となります。
(以下にピーク料金・ブースト料金・チップが追加される)

旧料金体系

  1. 店舗からの受け取り料金:265円
  2. 配達先への受け渡し料金:125円
  3. 距離料金:60円/km

※上記料金x10%がUber Eatsへのサービス料として引かれます。

例えば、店舗から2kmの配達先にお届けした場合の報酬は以下のとおり。

2km配達した報酬

受け取り料金:+265円
受け渡し料金:+125円
距離料金:+120円
UberEatsサービス料金:-51円
ーーーーーーーーーーー
合計:459円

旧料金は非常に分かりやすく、長距離の配達をすれば高くなります。
(店舗までピックアップする距離はカウントされないのでタダ働き。)

とは言っても、60円/kmなので自転車配達の場合は体力・時間に見合った報酬を得られないのでロング案件は嫌われる傾向にありました。

旧料金体系で稼ぐポイントは、この2点です。

稼ぐポイント

  1. ピーク時間を狙う
  2. 近距離案件を効率的にこなす

新料金体系のポイント

新料金のポイント

  1. 距離+需要+待ち時間等も料金に反映
  2. ピック先・ドロップ先が事前に分かる
  3. 配達料金(見積)が事前に分かる

新料金体系

旧料金は以下の2つの料金の合計金額が報酬となります。
(以下にピーク料金・ブースト料金・チップが追加される)

新料金体系

  1. 基本金額
  2. 配達調整金額

※上記料金x10%がUber Eatsへのサービス料として引かれます。

旧料金は配達距離に左右されるので非常にシンプル。

一方で新料金は基本金額・配達調整金額がいずれも変動します。
計算方法も不明なので根拠はブラックボックスです。

①の基本金額に、旧料金の受け取り・受け渡し・距離料金が含まれています。
②の配達調整金額は、店舗での待ち時間が長い場合・配達の需要が高い場合などの要素で変動します。

参考に実際に配達した報酬を何件か紹介します。

報酬例その1

2つの違いは、以下の3点です。
同じ日の配達で店舗は同じマクドナルドです。

違いはこれだけ

  1. 時間(9:09か10:24)
  2. 距離(0.7kmか0.6km)
  3. 配達にかかった時間(8分45秒か11分30秒)

ほぼ同じ条件ですが、報酬は130円の違います。
一番大きな違いは、配達にかかった時間で約3分程度違います。

推測するに、店舗での待ち時間が長かったためにその分が調整金として加算されているものだと思われます。が、推測の域を超えないのでブラックボックスです。

旧料金では、超至近距離でも約400円の報酬はあったので、新料金の300円は安い。

報酬例その2

上記の2例はいずれもお昼のピーク時間帯です。

報酬例①については、
旧料金であれば、ざっくり500円ちょっとの計算になります。

新料金の場合、約100円プラスになるので需要の多いピーク時間は配達調整金額が多めに加算されるので報酬アップが見込めます。

同様に報酬例②についても、
旧料金であれば、ざっくり860円くらいの計算になります。

新料金の場合は100円以上プラスになるので報酬アップが見込めます。

  • ピーク時間帯は旧料金より報酬アップ
  • ピーク時間外のショート案件は300円台も頻発

 

ピック先・ドロップ先が事前に表示

個人的にピック先・ドロップ先が依頼を受ける前に分かるのはかなりのメリットです。

旧料金の場合は、おおまかなピック先の場所しか分かりませんでした。
お店でピックして配達開始する時点で初めてドロップ先が分かる仕様でした。。

最後の1件にしようと思って受けた依頼が5km以上のロング案件だった時の絶望感・・・
新システムでは、絶望感とは無縁です。

お店とドロップ先の住所が分かるので嫌ならば拒否するだけ。
連続で拒否しまくると干される?らしいですが僕は未経験です。
最高で連続3回まで拒否したことありますが特に問題なく依頼がきます。

ダブルピックの場合は詳細住所は表示されず区の表示のみなので距離で判断しています。

  • ピック先・ドロップ先の詳細が事前に分かる
  • ダブルピックの場合は区の表示のみ

報酬見積もりを事前に提示

報酬の見積もりが依頼が来た時点で表示されます。
旧料金では距離に左右されるのある程度分かったのですが、新料金は明確に表示されます。

事前表示の報酬は見積もりなので配達完了後に変更することがあります。
例えば、お店での待ち時間が長かったり、利用者と連絡が取れず受け渡しに時間がかかった場合などには見積もり料金に加算されます。

  • 事前に報酬が表示される
  • 想定より配達完了まで時間がかかった場合は加算される

まとめ:個人的には新料金体系を高評価

SNS上でも賛否両論ある新料金体系ですが、個人的には高評価です。

一番の高評価ポイントは配達先が事前に分かる点。
空き時間に副業でやっている僕にとってはパパっと近場で数件配達できるので嬉しいです。

報酬については今のところ旧料金と比較してほど同等です。

なので、新料金バンザイです!!

実際に新料金で稼働してみて報酬がどのように変わったかは別の記事で紹介します。

新登録予定の方へのオトク情報

タマオ
タマオ
お友達紹介キャンペーン半額キャッシュバックします!

これからUber Eats配達パートナーに登録を検討中の方!

配達パートナーに新規登録する際に、招待コードの入力欄があります。
この入力欄、何の意味があるのかというと・・・

アナタが僕の招待コードを使用して新規登録すると僕に紹介料が入金されます。アナタと僕の両方ではありません。
僕だけに入金されます。

こんなんじゃ誰も僕のプロモーションコード使わないし、誰も喜びません。

紹介料は登録地域により異なりますが5,000円〜30,000円です。(※変更可能性あり)

僕の招待コードを使って新規登録していただくと紹介料半額キャッシュバックします。

キャッシュバックの流れは以下のとおり!

  • STEP1
    事前連絡

    登録前にTwitterのDM(@tamao_tokyo)かGmail(nopride64@gmail.com)に
    「お友達紹介キャンペーン」の件にてご連絡ください。

  • STEP2
    詳細のやりとり
    • 招待コードをお渡し
    • 登録名の確認
    • 新規登録・稼働時期の確認

    紹介コードを間違うとキャッシュバックできませんのでご注意ください。
    新規登録時の紹介コード入力画面のスクショを保管いただくと安心です。

  • STEP3
    登録完了後、30日以内に配達

    お伝えした紹介コードで新規登録を完了後、30日以内に条件を達成。

    紹介料が発生する条件は地域によって異なります。

    達成条件例

    • 新規登録完了後、30日以内に1回配達
    • 新規登録完了後、30日以内に5回配達

    達成条件をクリアーしたら(@tamao_tokyo)かGmail(nopride64@gmail.com)まで
    「達成」した旨、ご連絡ください。

    新規登録時の条件に基づいてキャッシュバックさせていただきます。
    振込手数料はこちらで負担させていただきます。

  • STEP4
    入金確認後→お振込み

    入金確認取れ次第、ご指定の銀行口座に半額お振込いたします。