写真アプリ・サービス

「みてね」のフォトブックをレビュー | メリット・デメリットを詳しく解説

家族アルバムみてねフォトブック
家族アルバム「みてね」のフォトブックっておすすめ?

手軽・簡単に作れるフォトブックを探しています。

本記事では、人気の家族写真共有アプリ「家族アルバムみてね」で作ることができるフォトブックを詳しくレビューします。

一番のメリットは「みてね」をすでに使っている方は、アップした写真で簡単にフォトブックを作ることができる点です。

実際に作って感じたメリット・デメリットを解説しますので参考にしてみてください。

▼「みてね」のレビュー記事もチェック!

「みてね」のフォトブックについて

みてねのフォトブックは、みてねにアップロードした好きな写真でフォトブックを簡単に作ることができます。

フォトブックの仕様もシンプルで1種類のみ。
サイズやページ数などを選ぶことはできませんがその分分かりやすく簡単に作れます。

仕様

サイズA5(21cm x 14.8cm)
厚さ約2mm
ページ数24ページ(表紙/タイトル/写真22ページ/奥付/裏表紙)
用紙表紙:ダルアート紙、中ページ:ラフ調塗工紙
料金1冊¥490(税込¥539)
送料¥121(税込)※みてねプレミアムなら送料無料
お届け1週間〜10日後
 

「みてね」のフォトブックレビュー

「みてね」のフォトブックのポイントは以下の通りです。

ポイント

  1. 写真は表紙1枚、中身22枚のみ
  2. 任意のタイトル・サブタイトル入力
  3. 写真ごとに自由にコメント入力
  4. 撮影日を自動で記載

他のフォトブックアプリだとページ数や表紙デザインを選ぶことができるものもありますが「みてね」はできません。

やることは、

「写真を選ぶ」「タイトル決める」「コメント入れる」「並び替える」

これだけです。簡単すぎるので写真とコメントで悩まなければ数分で注文できます。

コメントは何もしなければみてねで入力したコメントが反映されます。
好きなコメントに自由に編集もできますし、コメントなしもOKです。

表紙
みてねフォトブック(表紙)
見開きタイトル
みてねフォトブック(見開きタイトル)
写真ページ
みてねフォトブック(写真ページ)
コメント・日付
みてねフォトブック(コメント・日付)
奥付
みてねフォトブック(奥付)
背表紙
みてねフォトブック(背表紙)

「みてね」フォトブックは10分で作成可能

  • STEP1
    写真を選ぶ
    • みてねアプリの「ストア」メニューからフォトブック作成
    • 写真23枚(表紙:1枚、写真ページ:22枚)を選択
    みてねフォトブック(ストアメニュー) みてねフォトブック作成 みてねフォトブック(写真選択)
  • STEP2
    編集する
    • 「並び替え」「コメント」「日付印刷設定」の編集を実施
    みてねフォトブック(編集)
    編集メニュー
    • 「並び替え方法」「コメント一括削除」「日付印刷の有無」を設定
    みてねフォトブック(編集メニュー)
    コメント入力画面
    みてねフォトブック(コメント編集)
  • STEP3
    注文
    • 配送先設定・支払いで注文完了
    みてねフォトブック(注文)
    注文者情報画面
    みてねフォトブック(支払い)
    支払い方法を3種類から選択
    みてねフォトブック(支払い方法選択)
    注文完了画面

    みてねフォトブック(注文完了) 

「みてね」フォトブックのメリット

みてねフォトブックメリット

作り方が簡単

サイズやページ数の選択ができないので作り方がシンプルで簡単です。
2回目以降は写真さえ決まれば数分で注文完了すると思います。
A5サイズで大きくて見やすいのでシンプルなフォトブックを作りたい方にはおすすめ。

自動作成機能が便利

ひと月に23枚以上の写真をみてねにアップすると、翌月自動でフォトブックを作成してもらえる自動作成機能があります。

イチからフォトブックを作る必要がないのでとても簡単で便利です。

納期が早い

僕の場合は注文から到着まで5日でした。
公式では1週間〜10日程度とのことだったので思ったより早く到着しました。

「みてね」フォトブックのデメリット

みてねフォトブックデメリット

サイズやページ数が選べない

サイズやページ数が1種類で表紙のデザインも選べないのでオリジナルのフォトブックを作りたい方には物足りないかもしれません。

画質がほどほど

画質は値段相応といった感じです。
1冊490円なので手軽に簡単にフォトブックを作りたい方にはおすすめです。

大切な思い出をキレイな画質で残したい方は高級使用のフォトブックをおすすめします。

みてねにアップした写真から選べない

「みてね」のアプリにアップロードした写真の中からしかフォトブックを作れません。
お気に入りの写真しかアップしていないので大きな問題ではないですが、写真選択先を選ぶことができるとより便利だと思います。

「みてね」フォトブックの口コミ・評判

まとめ:手軽で簡単なのでおすすめ

みてねのフォトブックは日常の成長記録を残すのにおすすめのフォトブックです。
画質が決してよくはないので七五三などの大きなイベントの写真は他のサービスをおすすめします。

ただ、自動作成機能もあって簡単に作ることはできるのがメリットなのでスマホの中に大量にある子供の写真でフォトブックを作ってみると楽しいですよ。

今回の記事は以上となります。

関連記事
photoback 写真アプリ・サービス

【Photoback】フォトアルバムレビュー | 簡単操作でオシャレな仕上がり

2019年3月12日
Tamao's Blog(タマブロ)
今では子供の写真を定期的に「フォトアルバム作成」や「プリント」してカタチとして思い出を残すようにしていますが、数年前までは完全に撮りっぱなし …