おすすめグッズ・商品

生後1か月の赤ちゃん! | ニキビ・湿疹はローションで保湿しまくるべし

新生児ニキビ・湿疹
生後1ヶ月の赤ちゃんの顔に赤いニキビができて悩んでいます

赤ちゃんにできたニキビを治したいのですが普段のケアはどうすればいいの?

我が家の娘が生後1ヶ月あたりから顔に赤いニキビができはじめたので通院したところ「新生児ニキビ」との診断でした。

「アレルギー??」とか余計な心配をしていましたが乳児にはよくあるケースのよう。

「ステロイド剤」と「ワセリン」を処方されたのでお風呂上がりに「ステロイド剤」を薄く塗ってあげると改善しました。病院で処方される薬は即効性がすごい。

ステロイド剤に頼るのも抵抗があったので、丁寧な洗顔十分な保湿を心がけました。

洗顔を丁寧にして保湿をしっかりすれば湿疹・ニキビは悪化を防ぐことはできています。
ただし、保湿をするだけで100%改善するかというとそうではありません。

あまりにも症状がひどい箇所にはステロイドは有効なので、ケースバイケースで使用するのが一番いいと感じています。

本記事では実際に使用して効果のあった保湿方法を紹介します。

※ベビーローションは赤ちゃんの肌の保湿に効果的で新生児ニキビにも効果的ですが薬ではありません。症状が改善されない場合は早めの通院を心がけましょう。

▼人気のベビーローション比較記事も参考にどうぞ

乳児湿疹の原因について調査

赤ちゃんの肌トラブルの原因は、赤ちゃんのお肌は薄くバリア機能が未熟なため、ちょっとした刺激でも肌トラブルの原因となります。また、お母さんからのホルモンの影響や環境の変化が原因となることもあります。

生後2週間後くらいから現れやすくなります。

過剰分泌された皮脂が肌表面や毛穴に詰まることが原因となります。
一部はアトピー性皮膚炎になることもあり長期間症状が続くこともありますが、清潔な状態を保ってお肌ケアをしていればだいたい生後3〜4か月くらいには自然と治ります

これらの生後間もない赤ちゃんに多くみられる皮膚炎を総称して「乳児湿疹」と呼び、主に以下のような症状がみられます。

参照元:
三ツ沢皮膚科クリニック
かわだ小児科アレルギークリニック

新生児ニキビ

生後1週間~1か月の間によくみられます。赤いぶつぶつ、白いぶつぶつが顔全体に広がって真っ赤になることがあります。清潔な状態を保っていれば生後3か月程度で自然と沈静化します。

過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすのが原因です。

乳児脂漏性湿疹

顔面と頭部に黄色っぽいかさぶたのようなものやフケのようなものがでてきます。生後4ヶ月までくらいによくみられます。炎症を起こすと赤く腫れあがったり、患部がジュクジュクしたりします。

過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすのが原因です。

アトピー性皮膚炎

痒みを伴う湿疹が繰り返し長期間に渡って出現する病気です。

原因には、バリア機能の低下やアレルギー体質によるもの2つの側面がありますので医師の診断の元で治療を続けていく必要があります。

参考情報

娘は日頃から保湿を十分に心がけていましたが、足や手の関節の内側に以下の写真のように赤い炎症を繰り返していたのでアトピー性皮膚炎を心配して、皮膚科に行ったところ「赤ちゃんにはよくある炎症でアトピーではない」との診断を受けました。

軽いステロイド剤を処方され、お風呂上がりの保湿に加えて塗ったところ改善しました。

お医者さんが言っていたことで参考になったのは以下の点です。

医師のアドバイス

  • 十分な保湿はアトピーの発生をある程度防ぐことができるので重要。
  • 炎症が改善しない場合は、迷わずステロイド剤を塗る。

ステロイド剤で炎症を抑えてあとは保湿を十分にするのがいいとのこと。

赤ちゃんの関節のアトピー性皮膚炎

あせも

暑い季節やねんねの赤ちゃんに多く見られます。首のまわりや背中、お尻など汗をかきやすく蒸れやすい部分によくできます。かゆみをともないます。

赤ちゃんは体温も高く汗をかきやすいので皮膚が蒸れると菌が発生しあせもができます。

乳児湿疹のお肌の対処方法

赤ちゃんのお肌はバリア機能が弱いので少しの刺激で肌トラブルを起こしてしまいます。
生後3か月までは皮脂の分泌が多いですが、3か月以降は乾燥肌になるケースが多いのできっちりケアしてあげる必要があります。

生まれて1−2か月は皮脂の分泌が多いですが、少し成長した3−4か月の赤ちゃんの肌は、逆に乾燥しやすくなります。特に秋生まれの赤ちゃんは乾燥が強い冬の時期に生後3−4ヶ月頃になるため、アトピー性皮膚炎の発症頻度が高いことが報告されています。生後早期からしっかり保湿を行うことをおすすめします。

(引用:マーガレットこどもクリニック

ポイントは基本的なことですが、「清潔」「保湿」です。

生後早期からの保湿がアトピー性皮膚炎の発症を防ぐためにも重要になります。

  1. お肌を清潔に保つ
  2. 入浴後の十分な保湿ケア
  3. 日中も乾燥が気になれば保湿する
  4. 保湿ローションの成分にこだわる

乳児湿疹の顔の洗い方

  • 泡立ちが少ない
  • 目の周り・小鼻の脇など細かい部分が洗えていない

普段、使っていたのはドラッグストアでも手軽に購入できる「ピジョンの泡シャンプー」
細かい箇所まで丁寧に洗って皮脂汚れを落としてあげることが重要です。

入浴時に泡シャンプーで十分に泡立てて、ゴシゴシせずに泡を肌に乗せるだけでも皮脂は落とすことができます。

泡をモコモコになるまで泡だてて肌に乗せ優しく洗ってあげるのがポイント

ポイントは十分に泡立てることです。

泡が目に入ると痛がるのでは?
と、心配になりますが赤ちゃん用の泡シャンプーは多少目に入っても意外と痛がりません。
怖がらずにキレイに洗ってあげることが重要です。「泡立てネット」を使うとモコモコの泡ができます。

目に入ってしまった場合はキレイに洗い流してください。

入浴後の十分な保湿ケア

入浴で十分に皮脂汚れを取ったあとの肌は乾燥していますので、そのままの状態では余計に皮脂が分泌されます。
生後3か月以降は皮脂の分泌が少なくなり乾燥肌になりますので特に保湿が重要。

ベトベトになるくらいまで塗ってあげて丁度いいくらいのイメージです。

量が少ないと、冷房や暖房などで部屋が感想しているとすぐにお肌がカサカサしてきます。

赤ちゃんにあった保湿ローションを選ぶ

ベビーローションも種類によって肌に合わないケースもあるのでいろいろ試してみるのがいいと思います。

口コミで評判なのは、以下の2つ。

保湿ローションを塗った後に、ベビーワセリンで蓋をしてあげるのがおすすめ。

まとめ:乳児湿疹は清潔さと保湿が重要

すぐに肌荒れを起こしてしまう赤ちゃんのお肌。

特に初めての子供の場合は心配になってしまいますが丁寧な洗顔と保湿が大事です。

赤ちゃんの肌に保湿は重要で、新生児ニキビにも効果的ですが症状が改善されない場合は早めに病院で診てもらいましょう。

▼おすすめのベビーローション記事も参考にどうぞ