写真アプリ・サービス

【毎月1冊275円】ノハナのフォトブックを画像付きで紹介 | メリットと口コミまで

nohana(ノハナ)
子供の写真をフォトブックにしたいのですが安くておすすめのサービスが知りたい

この記事では、スマホで撮った子供の写真を安くて簡単にフォトブックにできるスマホアプリ「nohana(ノハナ )」について紹介します。

我が家は、4歳と1歳の娘がいるので実際にノハナでフォトブックを作ってみたレビュー記事となります。

最後まで読んでいただくと「フォトブックの作り方」「メリット」「口コミ・評判」がわかる内容となっています。

ノハナは安く手軽にフォトブックを作ることができるのが特徴です。

フォトブック作成のサービス選びの参考にしてみてください。

>> nohana(ノハナ)公式サイト

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

 

他のフォトアルバムのレビュー記事も参考にどうぞ

ノハナのフォトブックの実際の画像

実際に注文したフォトブックを画像付きで紹介します。

【パッケージ】

ゆうメールでポストに届きますので不在時でも大丈夫

ノハナのパッケージ

 

【フォトブックの表紙】

サイズ的には手のひらサイズ(14cm x 14cm)で、表紙には自分で好きなタイトルを付けることができます。

ノハナの表紙

 

【フォトブックの背表紙】

背表紙にも表紙と同じタイトルが入りますので本棚でも中身が分かります。

ノハナの背表紙

【フォトブックの中身】

分かりづらいですが、写真の撮影日が入ります。

ノハナの中身

【フォトアルバムの中身その②】

見開きに1枚ずつの写真になります(※複数枚数は載せられません)

ノハナの中身

【フォトブックの最終ページ】

作成日と自由に入力した編集後記を入れられます。

ノハナの最終ページ

ノハナのフォトブックを作ってみて感じたメリット

出来上がりの第一印象は「薄っ!!」でした。

しかし、ノハナは毎月1冊送料のみ(税込275円)でフォトブックを作ることができるサービスということを忘れてはいけません。

そもそも、今回フォトブックを作ろうとした目的が、「スマホに大量にある子供の日常の写真を紙に残したい」ということでした。

子供の普段の成長の様子を残す目的としては、満足のいく出来上がりです。

フォトブック仕様

  • サイズ:14cm×14cm
  • 厚さ:約2mm
  • ページ数:28ページ(表紙/タイトル/写真20ページ/奥付/裏表紙)
  • 用紙:ラフ調塗工紙

写真の紙質自体も「ラフ調」とあるように光沢を抑えた多少ザラザラした紙質です。

ですので、子供が雑に触りまくっても指紋でベタベタになることもありません。

メリット①:安いので継続して作成できる

フォトブックを作成できるサービスは料金もピンからキリまで数多くあります。

子供の「入園式」「七五三」などの大イベントの写真は多少奮発して高級仕上げのフォトブックを作成していますが大量にある日常の様子を撮影した写真はノハナで十分です。

毎月275円であれば家計の負担にもならず継続して作ることができるのでおすすめです。

メリット②:1冊が薄いので保管が楽

分厚いフォトブックが大量にあると保管場所にも困りますが、ノハナのフォトブックは1冊が薄いので本棚などに何冊もおいてもジャマになりません。

分かりやすいように背表紙に「日付」や「タイトル」を入れておけばいつでも見たい写真を見返すことができるのも特徴です。

メリット③:子供の可愛さを再認識できる

子供の写真をフォトブックにするとデジタルデータで見るのとは違った良さがあり子供の可愛さを再認識できます。

スマホ画面より写真が大きいという特徴もあるので子供の表情をはっきりと確認することができるます。

(※)ノハナでは、追加料金を支払えば高画質のフォトブックを作ることもできます。今回の感想は無料フォトブックでの個人的な感想となります。

ちなみに、娘の七五三の写真は「Photoback」というサービスを利用して作りましたのでご興味ありましたらレビュー記事をどうぞ。

ノハナのフォトブックの作り方

ノハナはスマホアプリで簡単にフォトブックを作成することができるのが特徴です。

実際の作り方を紹介します。

【①スマホアプリのダウンロード】

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

 

【②ノハナに写真をアップロード】

  • スマホ内に保管している写真をノハナにアップロード
  • 一度に21枚ずつしかアップロードできません
ノハナのアップロード

【③フォトブックに載せたい写真を選択】

  • 表紙の写真1枚と中身ページの写真20枚を選択
ノハナのフォトブック作成 ノハナの作成手順 ノハナの作成手順

【④タイトル決めと編集】

  • 表紙・背表紙のタイトルを自由に入力
  • 写真の並び順や追加変更の編集
ノハナの作成手順

【⑤表紙デザインの選択】

追加108円で表紙のデザインを変更することができます。(※注文手続きの際にも変更できます。)

ノハナの作成手順

【⑥注文手続き】

表紙デザインの変更や有料オプションの選択ができますが、本体無料(送料275円のみ)でOKであれば特に関係ありません。

お届け先の入力
ノハナの作成手順
フォトブックタイプの選択
ノハナの作成手順
表紙デザインの選択(有料)
ノハナの作成手順
ギフトオプション(有料)の選択
ノハナの作成手順
フォトブックケースの選択(有料))
支払金額の確認
ノハナの作成手順

【お支払方法の選択】

クレジット払い携帯キャリア払いの2択です。

ノハナの作成手順

以上で完了!!

アプリが直観的に操作できるように設計されているので、手順に沿って進めば簡単にできます。

オプションも選択しなくて、写真の選択も迷わなければ5分程度で終了します。

僕の場合は、日常のささいな写真をフォトブックにしたかったので表紙も無地で写真の選択もそこまで悩まずにパパッとできちゃいました。

ノハナの口コミ・評判

実際にノハナでフォトブックを作った方の口コミ・評判をTwitterから抜粋してみました。

スマホやPCに写真を保管しておくとほとんど見ないという意見は同感です。
フォトブックにすると気が向いた時にパッと見ることができるのでおすすめです。

「みてね 」や「アルバス」など他のサービスと使い分けているという口コミも多く見られました。

まとめ:毎月安くフォトブックを作成できるのでおすすめ

全体的に今回の記事の内容が、「安く・簡単に」フォトブックを作ることができるということにフォーカスして書いていますが、プラスでオプション料金を支払えば高級仕様のフォトブックも作れますし、実家の両親へのギフトとしても活用できます。

いずれにしても、今回フォトブックを作ってみて毎月1冊送料275円のみでフォトブックが作れるサービスは子育て世代の僕たちには非常に嬉しいサービスですのでこれからも利用したいサービスだと感じました。

フォトブックを作りたい方は275円で試してみる価値はありますよ!

関連記事
photoback 写真アプリ・サービス

【Photoback】フォトアルバムレビュー | 簡単操作でオシャレな仕上がり

2019年3月12日
Tamao's Blog(タマブロ)
今では子供の写真を定期的に「フォトアルバム作成」や「プリント」してカタチとして思い出を残すようにしていますが、数年前までは完全に撮りっぱなし …
googleフォト 写真アプリ・サービス

【Googleフォトの活用方法】写真のバックアップと共有方法について徹底解説

2020年2月3日
Tamao's Blog(タマブロ)
皆さんは普段撮りためたスマホ内の写真の管理はどのようにしていますか? もし、スマホにデフォルトで入っている写真アプリに保管しているだけだと …